Loading the player...

「習うは一生」の信念のもと、アプライドメディカルは長年にわたり外科医療に携わる方々のために臨床トレーニングおよび教育プログラムの提供にも熱心に
取り組んできました。
当社が提供する様々な教育プログラムには、毎年、世界中で何千人もの外科医やその他の医療従事者の方々が参加されています。これらのプログラムは、最先端のトレーニングプラットフォームを活用して行われ、総合的な講義と実践的な
実技実習を含む内容となっています。

臨床の最先端を担う当社が提供する教育活動は、患者様の転帰の向上に重点を
置いた、最新の低侵襲手術技法に関するトレーニングなど、最新の技法と技術をカバーした、外科医療に携わる方々の最も高いニーズに応えるものです。

taTME カダバーハンズオンワークショップ

コースの概要

本コースは、腹腔鏡下結腸直腸手術上級者向け集中コースです。
GelPOINT® Path トランスアナルアクセスプラットフォームを使用したtaTME手術の原理、適用、安全な手技の習得を目的としています。
taTME手術における解剖、ステップーバイーステップテクニック、合併症を重点に、プレゼンテーション、ビデオそしてカダバーを使用した
ハンズオントレーニングから学んでいただきます。
エキスパートからtaTMEのコツや落とし穴を学ぶことにより、参加者の先生方が手技を安全に採用されることを目指しています。

コースの目的

GelPOINT® Pathトランスアナルアクセスプラットフォームを使用したtaTMEのポイントを習得する。下記を含むツールやテクニックを学ぶ。

  • taTMEの適用と禁忌
  • taTMEに関連した解剖
  • 患者、オペ室のセットアップ
  • 患者の選定、利点とリスク、難点
  • 術前プロトコル
  • taTMEの手技ステップ‐バイ‐ステップ
  • 吻合テクニック

募集条件

(下記に該当する方が望ましい)
腹腔鏡下直腸切除術 年間30例以上
taTME手術 年間20例以上 の施設にご所属


*参加者の選定は講師の先生方によって行われます。
公正を期するため申込書のご所属、お名前は伏せ、症例数を元に選考されますので、正確な数を申告ください。
参加者の選定にアプライドメディカルは一切関与いたしませんことをご了承ください。

天候や現地情勢などによるフライトの変更とそれに伴う宿泊等が発生した場合、諸費用については参加者の先生方のご負担とさせていただきます。
ご了承の程、よろしくお願いいたします。

世界的な新型コロナウィルスの感染状況を鑑み、 今年開催予定の実習会は中止とせていただくことといたしました。
来年以降の予定については、 決定次第、 こちらのページに掲載いたします。

トレーニングに関するお問い合わせ ClinicalEducation-Japan@appliedmedical.com


HALS シミュレーターハンズオントレーニング

コースの概要

本コースは 大腸疾患に対してHALSを円滑に導入、実践できるために、GelPort® ラパロスコピックシステムを使用した基本的な設定および手技を
習得することを目的としています。

コースの目的

ドライボックス内に設置した臓器モデルを使用し、HALSの結腸切除術におけるコツをエキスパートから習得する。

トレーニングに関するお問い合わせ ClinicalEducation-Japan@appliedmedical.com